今ここ: ファスナー » ロックボルト

ハック・ロックボルト

ハックのロックボルトは、ピンとカラーの二部品構成。ピンを被締結部材の呼び穴の片方から挿入し、カラーは反対側からピンにかぶせる。従って作業は被締結部材の両側から行う必要あり。ハック専用締結工具を使ってカラーの肉をピンの固定溝内にカシメ込むことによって恒久的な耐振動性の締結部が形成される。

ロックボルトのメカニズム

主要改善ポイント
  • 恒久的に機械的に固定されたファスナー
  •  締結工程によって自動的にファスナーの規定の締結値を得ることができる。
  • トルク管理や増し締めが全く不要
  • 一般的なボルトナットと異なり、極端な振動環境下でも全く緩むことがない。
  • 迅速な締結作業と、容易で速い、締結の目視確認作業
  • 被締結部材間の材料間ギャップの除去性能
  • 状況に応じて斜面への締結も可能(最大5度程度)
  • 頑丈な締結部 (取り外しが困難)