今ここ: ファスナー

ハック締結システムの揺るぎない世界

ルー・ハック氏が設計したファスナーと彼が設立した事業は60年以上経過した現在でも、軽量で高強度でより耐久性のある構造物に於ける高負荷、高振動に関わる問題に対するソリューションを提供し続けています。

現在では、「ハックボルト」として広く知られる、彼の設計したロックボルトのオリジナル図面の製品群は進化を遂げ、大径、小径のファスナー、中強度、高強度のブラインドファスナー、そして関連するハック工具へと広がっています。

そして2000年に、アルミ地金、アルミ加工品、アルミナで世界最大手であるアルコアの傘下となり、そのアルコアが2002年にフェアチャイルドファスナーを傘下に収めたことにより、このふたつの事業を中心にアルコアファスニングシステムズ(AFS)事業部が発足し、ハックはAFS事業部のブランドのひとつとなっています。

世界各地に生産拠点を持ち、様々な工業用途向け用途に設計された、高品質、高パフォーマンスの製品を供給しています。

 

ハック締結システム - 重要な特長

  • 極端な振動環境下においても決して緩まない。
  • 締結部位のメンテナンスが不要 - トルク管理・増し締めが不要
  • 締結部位の製品寿命に対するコストが低い-高いせん断・引張強度による締結部位の耐疲労性
  • 迅速かつ容易な締結システムによって組立時間を約75%削減
  • 作業現場の健康管理、安全性向上 ― 溶接ジョイントの削減
  • 耐破壊性、耐盗難性 - 締結完了すれば専用工具以外では取り外しが困難

EMS 60542

TS 504575-000
FM 80437